境の史跡⑧ 手なし観音 般若院(志鳥)

2018年05月29日 23:55

志鳥の般若院の境内地に正観音立像「手なし観音」の像が安置されている。

像は白木の一本造りで、像高は約88センチ。両手を失っているので「手なし観音」(町指定文化財)と称している。

 観音は、手が要らないということにあやかって、安産の守り本尊として、

広く信仰を集めている。

 伝承によると行基の作と伝えられ、当時、当地の金久保源兵衛(江戸期の名主役の祖)の所有地であった字原山の地は、年中土地が乾燥していることを不思議に思い、永禄年間に土を掘り起こしてみると、土中から手のない「観音像」が現れた。

この像は、鎌倉の重臣岡部六弥太が鎌倉滅亡の際、奥州へ落ちのびる途中に埋めたものと伝えられている。

 岡部六弥太は、武蔵の国の御家人で、源頼朝の武将として(いちの)(たに)の戦い(1184)に参戦し、薩摩守(たいら)忠度(ただのり)を討取と「平家物語」や「源平盛衰記」の軍記物語に記述されている。

                             (文責 郷土史家 中村正己)

 

ぶつぶつ

2019年11月16日 16:43
  当サイトをご覧いただきましてありがとうございます。 石井さんのパン作り教室に
アイテム: 1 - 1 / 50
1 | 2 | 3 | 4 | 5 >>

足跡がわりにお言葉を!

「きんもくせい」をたずねて下さって本当にありがとうございます。稀有なあなたに深く感謝です。あなたのお言葉は管理人にのみ届きます。苦情・ご意見・ご希望等…なんなりと。メールアドレスを記入して頂ければお返事を差し上げます。

アクセスカウンター

トピックス

2020年03月27日 23:38
Adobe...
2020年03月25日 10:48
Adobe...
1 | 2 | 3 | 4 | 5 >>

行事カレンダー

このセクションは空白です。

お問い合わせ先

さかい女性ネット(SJN) 茨城県猿島郡境町 070-2181-9001 since24@hotmail.com