境の名所・史跡 ⑤ 「穴辺(あのべ)恋し、穴(あの)辺(べ)恋し」と響く、流転の古鐘

2017年06月10日 10:46

沓掛県道を沓掛方向へ向かったところ、伏木穴辺地、通称「あかっ坂」を上がる手前左側に竹林が生茂っている。この一帯が、今から562年以前、室町時代の頃、大照院の末寺であった「(しょう)智寺(ちじ)」が創建されていた。

 現在は、廃寺となり跡地には文化2年(1805)の「穴大邊講中寄進」の「真言供養塔」が建てられてある。当時この寺に、埼玉県岩槻で鋳造された古鐘があった。

 伝説によると、当初鋳造された古鐘は、1387年に平林寺(岩槻市)の(つき)(がね)として、大檀那(おおだんな)沙弥(しゃみ)薀澤(うんたく)なる人物によって当寺に奉納された。次に、この古鐘はいつの時期か

平林寺から加須市慶運寺に移られたと追銘されている。そして1455年、古河公足利成氏の命により、猿島軍勢青木左近将監(しょうかん)(伏木)他三名等奉公・奉行衆は武州へ出陣する。その時、武蔵国慶雲寺の(つき)(がね)を奪い取り、「(しょう)智寺(ちじ)」に奉納したと伝えられている。

古鐘はのちの1573年に下妻城主多賀谷(しげ)(つね)軍勢におって星智寺と民家が焼打ちされた時に奪われ、奪われた時の古鐘は現在、大宝(だいほう)八幡宮(はちまんぐう)(下妻市)の鐘桜堂に納められている。 

鐘をつくと「(あの)()恋し、(あの)()恋し」と響き渡る「流転の古鐘」と云われている。         (文責 郷土史家 中村正己)

 

  

ぶつぶつ

2017年08月28日 01:24
「きんもくせい No,15 2017年9月号」が出来上がり、公民館やお店、病院などに置かせていただき
アイテム: 1 - 1 / 43
1 | 2 | 3 | 4 | 5 >>

お問い合わせ先

さかい女性ネット(SJN) 茨城県猿島郡境町 070-2181-9001 sjn_mokusei@yahoo.co.jp